バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ソフトベイト ハードプラグ

「ダンクル5インチ」と「ダンクル7インチ」の違いとは?

更新日:

img_0598-min
先日発売になって、早速品薄状態になってしまっているダンクル5インチですが、

なぜそれほどまでに人気なのか、本当に良いルアーなのか?紐解いていきましょう。

ダンクル7インチとの比較や、そもそもの使い方などをまとめましたので、スイムベイト入門としても活用してください。

 

 

 

 

 

ダンクル5インチのスペック

基本的には、ダンクル7インチのサイズダウンバージョンです。

大きさは5インチですから13cmぐらい。

重さは1oz、約29gとあります。

ダンクル7インチは約2ozあったことからも、長さだけではなく、全体的なシェイプもかなり削ったボディになっているはずです。

 

 

 

 

ダンクル5インチの使い方

ダンクルの使い方は、基本的には一般的なスイムベイトと変わりません。

ダンクル7はナチュラルなスイムベイトとしての能力に、デカめのシルエットによるインパクトがプラスされていたので、ちょっと特殊だったんですが、5インチに強烈なインパクトはありません。

一般的なスイムベイトと、ほとんど変わりなく投げれるルアーでしょう。

スイムベイトとは?長所や短所、使いどころなど。

昨年ゲーリーのハートテールが絶好調で釣れすぎて、めちゃめちゃ ...

続きを見る

『ボディの大きさ』という尖った性能を削った5インチダンクルは、気軽にチョイスしやすい、どこにでも投げやすいルアーになったと言えます。

ですが、それであれば、動きの性能などは、他の一般的なスイムベイトと大きく差のないルアーであるとも言えます。

 

 

 

 

ダンクル7インチとの比較・使い分け

ボディサイズ

単純にボディサイズが大きく異なります。

ダンクル7インチは長さもさることながら、全体的な太さ、ボリュームが圧倒的です。

スイムベイトは「見せて・追わせて・喰わせる」タイプのルアーです。

水質やフィールドの規模によって7インチと5インチを使い分けるのが普通でしょう。

ただし、ダンクルは見た目のインパクトが最大の武器でもあります。

基本的には7インチダンクルを選択するのが良いでしょう。

プレッシャーの蓄積などが気になる場合は、5インチにサイズダウンして、フォローとして投げ入れるという順番ではないでしょうか。

 

 

 

テールの挙動

ダンクル5インチは7インチモデルと比べてテールの挙動が派手になったようです。

実際の泳ぐ映像を確認しても明らかにテールの振りが激しくなっています。

もともとダンクル7インチはテールの動きが比較的ナチュラルで、それが特徴でもありました。

それはボディ自体のインパクトとバランスを取る為に控えめなアピールの動きに設定してあったわけです。

ダンクル5インチは、他のスイムベイトと比べてもかなりハイアピールなテールアクションになっています。

ダンクル5インチのボディ自体のインパクトやアピール力は正直その他のスイムベイトと大差ありません。

ですから、テールをハイアピールなモデルにしているようです。

 

 

 

 

ダンクルは他のスイムベイトとどう違うのか

ずばり、カスタマイズ性能の高さです。

これは間違いなく唯一無二の性能です。

スイムベイトを使い込んでいるとわかりますが、スイムベイトはチューニングしてナンボです。

主にそれはレンジコントロールなどですが、その度にボディをネイルシンカーなどで傷つけることになります。

長く使っていくなら、ダンクルのようにフックアイをたくさん設けたシステムは大活躍してくれます。

ダンクル5インチも、このカスタマイズ性能を引き継いだままだからこそ、他のスイムベイトとは一線を画した存在になっています。

 

ダンクルは一般的なスイムベイトと違って、ジグやスピナーベイトなどのトレーラーワームとして使うことができません。

 

ダンクルのインプレ。アシストフックや背針チューニングについて。

  ジャッカルの秦拓馬プロが開発したスイムベイト、 ...

続きを見る

 

 

カスタマイズ・チューニング

基本的には以前紹介した7インチバージョンのカスタムを大きな違いはないでしょう。

もちろん使用するアシストフックや、ダブルフックのサイズが少し小さくなります。

テールの動きを損なわない為にも、アシストフックの大きさには気を使うべきです。

 

 

 

まとめ

・フィールドによっては5インチの方がいいかも

・カスタマイズを楽しもう

・スイムベイト入門にGOOD

・7インチほどのアピール力はない

 

 

-ソフトベイト, ハードプラグ
-, , , , , , , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.