バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ハードプラグ 初心者向け

③ジョイクロのチューニングについて。ジョインテッドクローとは。

更新日:

img_0380-min

ジョインテッドクローのチューニング方法です。

一般的なウェイトチューニングのことを中心に、個人的に気に入っているカスタマイズについて書きます。

ジョイクロのチューニングやカスタマイズは、必ずすべきです。

 

 

 

 

なぜチューニングするのか?

一言で言うとレンジコントロールです。

ジョイクロを泳がせる水深を変えるわけです。

ジョイクロは非常にアピール能力の高いルアーです。

ビッグベイトは総じてそう言えますが、その中でもジョイクロはちょっと特殊です。

ジョイクロは、視覚的アピールのみ、強力であるということです。

動き自体は別にどうってことないんです。

たしかにあの艶かしいS字の動きはすごいです。

でも、「S字の動き自体にアピール力がある」という意味ではありません。

あくまでも「シルエットを見せて・寄せてくる」ルアーだと思っています。

ですから、ジョイクロをバスにしっかりと見せてやらないといけません。

より確実に見せるためにはどうするか?

①バスに近づける
②アクションを派手なものにする

この2つしかありません。

 

 

①ウエイトシールを貼る

おもりを増やしていけば、どんどんジョイクロは沈んでいきます。

現場で貼ったり剥がしたりを繰り返して、レンジコントロールをしてください。

板オモリは釣具屋さんに売っているので、それを貼り付けましょう。

一枚あたり0.5gの物や、2gずつの物などがありますが、2gのヤツをオススメします。

ハサミで簡単に切って重さを変えれるからです。

また、それを貼る場所は自由です。

フロントフックの後ろに貼ることが多いですが、それは前後のバランスをとるためです。

本来なにもチューニングしていない状態であれば、ジョイクロはアクションをつけた際、頭から潜っていきます。

その後、ゆっくりと浮き上がってくるわけですが(フローティングモデルなら)、ウエイトをボディの真ん中あたりに貼っておけばバランスが取れて、しっかりとした大きなS字を描きます。

例えば少し足場の高い場所からジョイクロを投げる場合なら、頭が上を向いた状態になるので、アクションをつけると水面から飛び出したりします。

そういった場合は、ジョイクロの顎におもりを貼ってバランスをとりましょう。

好みのアクションが出る位置を、貼る場所を変えながら探していきましょう。

「この位置じゃないとダメ」ってのはありません。

 

とはいえ、フロントフックの後ろに貼ることが多い。

フロントフックの後ろにウエイトを貼るとS字が大きくなる。

 

レンジコントロールをすることによって、ジョイクロをよりバスに近づけて、視界に入れることが可能になります。

当然興味を持ってもらえる可能性も増えます。

また、必ずしも板オモリでなくてもいいです。

ヘッドのアイの部分や、スナップなどにシンカーを直接つけて、頭から勢いよく潜るようにするセッティングもあります。

いろいろ試してみてください。

注意していただきたいのは、根がかりです。

おもりをたくさんつけて沈めるのはいいのですが、その際はダブルフックにするなどして回避しましょう。

4500円ですから、なくなるとそこそこ萎えます。
筆者は5匹ぐらいなくしてます( ´∀` )

まあ、ある程度は仕方ありません。
ルアーは、無くさない為に投げるのではなく、バスを釣る為に投げるものです。

ウエイトシール(板オモリ)はコレがおすすめです!

 

 

 

②バビューン釣法

img_0385-min

 

これはアゴのところにシンカーを貼る方法です。
僕は絶望的にダサいこの名前が嫌いです。
でも、よく釣れます。

ボトムまで一気に落としてしまって、ビュンビュン!と、ボトムバンピングで焦らして喰わせるというやり方です。

ジョイクロの利点として、「バスの興味をひきやすい」というのがあります。

その利点を極限まで高めたチューニングです。

当然、ボトムの障害物などをしっかり把握してからやってください。

ひっかかりますよ!
また、この時にはダブルフックに換装しておくことをお勧めします。

 

 

③鼻水リグ

img_0380-min

コツコツさん仕様。

鼻水垂れているように見えるのでこう呼ばれます。

メジャーな手法なので、みんなやってると思いますが、一応紹介しておきます。

スナップのところに鉛のガン玉(嚙み潰し)をくっ付けます。

重さは3〜5gぐらいでしょうか。
ジカリグにつけるようなナス型シンカーでもいいと思います。

ビュンビュンとボトムノックを繰り返す釣法ですね。
「静と動」でバスをイラつかせます。

どちらかというとサイトフィッシングで活躍する釣法です。

ダブルフックは絶対必要ですよ!
#2番か#1番でいいと思います。

 

 

 

 

④可能性は無限

なんでもできるといえばできます。

ジョイクロをダウンショットにしている人も見たことがありますし、フックヒートンを埋めたり打ち込んだりして、背針仕様にしている人も見たことがあります。

お腹側にフックが無いから、ボトムをズルズル引いてこれるってわけです。

思いついたらいろいろやってみましょう。

ただし、注意しないとせっかくのフローティングモデルに亀裂から水が入ってシンキングモデルに・・・なんてこともよくあります。

チューニングはくれぐれも自己責任でおねがいします!

 

 

 

まとめ

・ウエイトチューニングは必ずしよう

・カスタマイズはいろいろ試そう

・チューニングは自己責任!

とにかくいろんなことをたくさん試すことです。

雑誌やDVDにも情報はたくさんありますが、現場のバスほどリアルなものはありません。

失敗を繰り返して、新しいものを発掘していってください。

あっと驚くようなオリジナルカスタマイズを思いつくかもしれません。

ジョイクロだけに関わらず、とにかく釣るための創意工夫を試行しつづけましょう。

 

①ジョイクロの使い方やテクニック。ジョインテッドクローとは。

今回は「ジョインテッドクロー」編です。 ビッグベイトの中でも ...

続きを見る

 

 

 

 

-ハードプラグ, 初心者向け
-, , , , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.