バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ソフトベイト 初心者向け

ネコリグとは?メリット・デメリットや使い方。おすすめのフックやワームなど。

更新日:

img_0557-min

これがネコリグ。ワーム先端に棒状のシンカーが埋め込まれている。

ネコリグ=「ねこそぎ釣れるリグby村上晴彦 です。

マスバリタイプのフックをストレートワームに縦刺しして、ワームの先端にネイルシンカーというオモリを付けた物です。

ライトリグ界では屈指の障害物回避能力を持っており、ボトムをサーチすることにも長けているので、使うシーンは多いはず。

どんな時に使えばいいのか?
ほかのライトリグとの使い分けは?

いまさら感はありますが、あらためてネコリグについてまとめてみました。

 

 

 

 

ネコリグの特徴

これがネイルシンカー。重さや形状も様々。

これがネイルシンカー。重さや形状も様々。

ストレートワームの先端にネイルシンカー(棒状のオモリ)を埋め込んだだけのリグなんですが、この先端のシンカーがミソです。

シンカーの重さは0.45g~3.5gぐらいです。
これ以上重いものを使うならライトリグという括りからは外れるでしょう。

ネイルシンカーはいろんな種類がありますのでいろいろ試してみてください。

おすすめなのは、ジャッカルのネイルシンカー。
特にこだわりがなければ、コストパフォーマンスが高いです。

しかもスポっと抜けにくい。

 

 

障害物に強い

フックの向きを見るとワームと平行に刺さっていて、針先は進行方向とは逆(後方)に向いています。

これのおかげで、ズルズルと引っ張ってきた際に障害物にフックが刺さってしまって根がかりする!ということが起こりにくくなっています。

リップラップ(岩ゴロゴロ)とかレイダウンとか、オダとか、ひっかかりやすい場所にこそ、ネコリグを投げ入れてみてください。

もちろんテキサスリグなどでもこういった場所を攻めることはできますが、テキサスだと「落とすだけ」の釣りになります。

ネコリグなら、ゴチャゴチャの中をタイトに、そしてじっくりと誘いをかけていくことができます。

こんなリップラップもへっちゃらです。

こんなリップラップでもへっちゃらです。

 

 

フォールスピードが速い

着底するまでが早いということです。

これはジグヘッドワッキーやスモラバのように「フワフワ」「クネクネ」とゆっくり落ちていきません。

一見デメリットのようにも見えますが、元からボトム(底)にいるバスを釣りたいということであれば、フォールスピードが速いほうがサーチ効率は上がります。

また、シンカーが直接ボトムにコンタクトする(当たる)ため、ボトムの形状を把握しやすかったり、ボトムから浮き上がって離れてしまったりすることが少ないので、ボトムを細かく探っていくことができます。

スモラバでも同じようなことはできますが、ラバーが水の抵抗を受けて浮き上がりがちです。

その点ネコリグであれば、ボトムの障害物まわりなどもじっくりタイトに探っていけるでしょう。

ネコリグは「対ボトム専用兵器」、だと思っていいでしょう。

 

 

 

カレントに強い

カレント(水流)の激しいところにはネコリグを投げてください、という意味ではありません。

ネコリグはフォールスピードが速く、常にボトムにシンカーが触れ続ける形状になっているので
強いカレント(水流)を受けても浮き上がりづらく、流れのある場所でもしつこく誘いをかけ続けることができます。

もしそれでも浮き上がってしまうなら、シンカーを重くすればいいだけなのでお手軽です。

ジグヘッドワッキーやスモラバでは流されてしまいがちです。

ネコリグ以外なら、重さのあるダウンショットリグでもいいでしょう。

カレントが強く効いているピンスポットをネチネチ攻めたいなら、ネコリグのことを思い出してあげてください。

もちろん、流れに負けない重さのシンカーを使ってください。

アピール力は、やや控えめ。

ジグヘッドワッキーは「グネグネ」動きます。
スモラバは「モワモワ」動きます。
ネコリグは「チョンチョン」って感じです。

要するに、遠くからバスを呼んでくるパワーは比較的弱いということです。

ライトリグは全般的に弱めなんですが、そのライトリグの中でも弱いです。

その代わりにフォールスピードが速く、横に「ズルズル」と線で引いてくるスピードも速くしようと思えば、速くできます。

ただし、例えば「バスが中層の小魚を追いかけまわしている」という状況であれば、ネコリグのフォールスピードはアダになってしまいます。

ボトムでコチョコチョやっていても、アピールが控えめなので、中層や上層のバスは気付いてくれないかもしれません。

こんな時は素直に中層を狙う事に適したジグヘッドワッキーやスモラバなどに替えるべきでしょう。

もしくはネコリグを「巻いて」みましょう。
マキネコというやつです。

使うワームの種類にもよりますが、中にはタダ巻きした際に水をしっかり受け止めて、ブルブルとバイブレーションしながら泳いでくるワームがあります。

ライトリグなのに巻いて使えるなら、鬼に金棒?いえいえ、そうでもありません。
やっぱりアピール力はたいしたことないです。

いっそハードプラグを巻いた方がいいかもしれません。
とはいえ!ちょっとトリッキーな使い方ではありますが、「巻きネコ」をやってみる価値はあるかもです。

ネコリグが付いているタックルで、そのまま巻きたい時が使いどきでしょうか。

 

 

 

 

 

フックやワームの選び方。

フックの選び方

まず、マスバリであることが大事です。

オフセットフックでやる場合もありますが、かなり特殊です。

フックのサイズは、使うワームの太さや大きさに合わせてバランスの良いものを選んでもらえればいいです。

さらに大事なのは「タックルとのバランス」です。

ネコリグは基本的にスピニングタックルで扱います。

さらに、これは後述しますが、ベイトタックルと太めのラインで使用するタイプのネコリグもあります。

この場合は、当然それに合わせてフック軸もある程度太いものにしておいた方が無難でしょう。

あまりに細いフックだと折れてしまいますからね。

オススメはこれ!個人的には最強だと思っています。

あまり大きすぎないものを選ぼう。

 

フックは太軸ですし、ワームキーパーもしっかりした作りです。

後述する「スナッグレスネコリグ」にも使えますので、買っておいて損はないです。

 

 

 

ワームチューブ

ネコリグのお友達「ワームチューブ」という物もあります。

普通にワームに直接フックを刺してしまうと、何回も投げるうちにワームがちぎれてしまうことがあります。

これを防ぐためにワームチューブにワームを通して、チューブにフックをひっかけるようにセットします。

チューブにフックをひっかける。

チューブにフックをひっかける。

 

チューブは釣具屋さんに売っています。
他のものでも代用できるかも?

もちろん、チューブなしでも大丈夫ですよ!

チューブの太さは、ワームの太さによって変えてください。

 

このチューブを細くカットして使いましょう。

チューブ代はかかりますが、ワームが劇的に長持ちしますので、ぜひ使ってみてください。

ネコリグに適したワーム

ずばり、自重が少ないワームです。

塩の含有量が少なくて、モチモチした感じのワームのほうが良いです。

つまり、塩の含有量が多いタイプ(自発的アクションをしやすい)のワームは、
グネグネと動くので、ジグヘッドワッキーやノーシンカーワッキーには向いています。

しかし、ハリ・コシがなさすぎるワームはネコリグに使うには不向きです。

ボトムに着底して、スッと立つ!それからゆ〜っくり倒れていくのがネコリグです。

すばやく倒れこまれては、根がかりしづらいというメリットも消えますし、バスも見てくれません。

どちらかというとネコリグは常に動かし続けるタイプのリグなので、自発的アクションはそこまで重要ではありません。

もちろん、釣りには正解も間違いもありませんから、お好きな物を使ってください。

写真で使っている「レインズスワンプ」とか「スワンプクローラー」はかなりオススメです。

 

 

 

スナッグレスネコリグとは

img_0560-min

スナッグレスネコリグ。ポイントはフックの刺し方。

プリンス川村光大郎さんが産み出したリグです。

偉大なる発明だと思います。
使わないと損です。ホントに。

写真をよく見てみてください。
フック全体をずっぽりワームに刺してます。

また、針先を完全にワームの中に埋め込んでいるのがわかります。

テキサスリグに匹敵するほどカバーやブッシュに強いリグになります。

もともと障害物回避能力の高いネコリグですが、ここまでやれば、もはやひっかかる要素がありません。

ピックアップの際にブッシュに絡んじゃった、なんてこともなくなります。

回収の際は、ゆっくりとリールを巻いて回収しましょう。

勢いよく引っ張ってしまうと、フックが露出して引っ掛かります。

ノーマルなネコリグでも十分根がかりに強いとはいえ、カバーに打ち込むとき、普通のネコリグはフックが露出しているので
引っかかりやすくなってしまいがちだったんですが・・・

このスナッグレスネコリグならテキサスリグを投げる感覚でどんな場所にも入れれます。

スナッグレスネコリグは、ベイトタックルがオススメです!

こんな「ヤベェ奴」にも負けません。

こういう「ヤベぇ奴」にも立ち向かえます。

 

ただしデメリットもあります。
フッキング能力が普通のネコリグに比べると少しだけ劣ります。
カバーに絡みにくいということはつまり、バスのクチにも絡みにくいわけです。

あと、ちょっとフックが特殊です。
フックにワームキーパーが付いていないと成立しません。

つまりスナッグレスネコリグ専用のフックが必要です。

 

 

 

img_0563-min

右側2つが専用フック。ワームキーパーが有るのがわかる。

 

 

これはラインなどをフックに巻き付けるなどして、自作できないこともありませんが、ちょっとめんどくさいですよね;

しかも、普通のマスバリに比べると当然、専用フックはお値段が少し割高です。

とはいえ、今まで攻めることをあきらめていた場所にネコリグを投げて、ネチネチ探れるなら・・・価値アリ!

フックはコレがオススメ。

 

 

 

 

まとめ

  1. 障害物に強い
  2. ボトムを手早く探るのに適している
  3. 中層の魚を釣るのは苦手
  4. 水流の強い場所も得意

ネコリグはライトリグだけにとどまりません。

10インチクラスのワームを使うこともありますし、ワームやフックの複雑な組み合わせによって様々な表情を見せるリグでもあります。

特に後半に紹介したスナッグレスネコリグなら、ほとんどどんな場所にでも投げ入れることができるので、僕はとりあえずリグっておいて、フィールドを一回りします。

それから、めちゃくちゃ濃いカバーやブッシュにはテキサスリグを入れ直したり。そんな感じの使い方です。

スモラバに引けを取らないほどの万能リグだと言えるでしょう。

スモラバとは?オススメのトレーラーや、スモラバの使い方。重さの選び方など。

スモラバ=スモールラバージグです。 トレーラー(ワーム)を付 ...

続きを見る

 

 

 

-ソフトベイト, 初心者向け
-, , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.