バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ソフトベイト 初心者向け

スモラバとは?オススメのトレーラーや、スモラバの使い方。重さの選び方など。

更新日:

これがスモラバ。優秀な超万能ルアーです。

スモラバ=スモールラバージグです。
トレーラー(ワーム)を付けて投げるのが普通です。
昨今のフィネスブーム火付け役ルアーだと思いますし、場所や季節を問わずめちゃくちゃ釣れるルアーです。

そこで今回は、そんなスモラバについてちょっとまとめてみます。
どちらかというと初心者向けの「how to」記事になります。

 

 

 

 

 

D-ジグはかなり完成度の高いスモラバ。

 

 

 

スモラバの特徴

unadjustednonraw_thumb_e44

 

0.9g~5.0gぐらいのジグヘッドフックにシリコンラバーを巻きつけたルアーです。
これ以上重いと「普通のラバージグ」というイメージです。

毛がフサフサ付いていますが、これはシリコン製のラバーです。
そして「トレーラーワーム」という小さいワームをフックにつけてから投げます。

付けなくても別に釣れますが、付けたほうが釣れます。

 

 

フォール中のアピール力が高い

フワフワとラバーを揺らしながらゆっくりとスローに落ちていきます。

バスが中層や上のレンジを意識している時などは、この動きが非常に良く効きます。

当然、シンカーが重くなればなるほどフォールスピードは速くなってしまうので、そこのバランスも考えてあげなければいけません。

また、アピール力が高いのはフォール中だけに限ったことではありません。

着底してからも、ピョコピョコと細かくシェイクさせながら横に引いてくると、ラバーの水押しのおかげで濁った水の中でもアピールすることができます。

 

 

喰わせやすい

結局のところスモラバというルアーは、バスからはいったい何に見えているのでしょう?

バスに聞いてみないとわかりませんが、「なんだかよくわからないけど、とにかくおいしそうな生き物」に見えているんではないんでしょうか。

バス釣りには「マッチザベイト」という考え方がありますが、これにあまり捉われていないルアーです。

動かし方や落とし方、シェイクの方法によって、エビや小魚、ザリガニなど様々な生物にイミテートできますので、これもまた万能といえるポイントです。

スモールラバージグですから、当然ルアー自体が小さいですし、バスにプレッシャーをかけづらく、クチに運んでもらいやすいです。

もちろんサイトフィッシングの時にも活躍してくれます。

 

 

 

「フワフワ」でバスを遠くから呼ぶ

ルアーが小さければ小さいほど、クチに運んでもらいやすいのですが、バスを遠くから呼んでくることができません。

ライトリグ全般に言えますが、ルアーの動きが小さいと、「アピール度」が低くなるからです。

その点、スモラバはフワフワ動くラバーがあるので、ラバーが水を押して波動を出して、バスにしっかりアピールすることができます。

ライトリグの中では【比較的】アピール力がある、という程度です。

ただし、しっかりとスモラバを動かして波動を出すことが重要です。

逆に言うと、波動をうまく出せないような場所では、スモラバを使う必要はないでしょう。
その強みを生かすことができないからです。

 

 

 

根がかりしづらい

他のライトリグに比べると、根掛かりしにくいルアーです。

スモラバはフックまわりにラバーが有るので、ゴミや水草などを押しのけて避けてくれますので、比較的根がかりしづらいです。

後述しますが、この特性を磨きあげた「対カバー特化型スモラバ」なる物も存在します。

アングラーにとって「根がかりしづらい」というのはかなり大きなメリットで、どんな場所にでも投げれると言い換えることができます。

ルアーは適材適所ですが、スモラバはほとんどどんな場所にでも投げれますし、喰わせる能力も高い、まさに万能ルアーです。

 

 

 

カレントに弱い

スモラバは、カレント(水の流れ)が強い場所には向いていません。
筆者は流れの強いところでスモラバをチョイスして投げたりはしません。

たとえば自発的に動きが出るタイプのルアーであれば、多少カレント(水流)を味方につけて、パワーを発揮したりもするのですが、スモラバの自発的なアクションはあくまでフォールの際に生まれます。

水流に負けて浮き上がってしまったり、流されて「ただのゴミ」のようになってしまいます。

スモラバはフォールの自発的アクションか、着底後のシェイクで喰わせるルアーです。

このどちらもできないポイントでは、スモラバをチョイスする理由は無いでしょう

ただし、おかっぱりでフィールドをひととおり見て回る際に、頻繁にルアーを結びかえることを嫌って「1周目は全てスモラバだけでやりきってしまう!」ということはよくあります。

一周まわりきってから、有望なポイントには入りなおして、厳選したルアーをリグり直して投げます。

 

 

 

 

広い場所からバスを探すのは苦手

広い場所からバスの居場所をスモラバだけで探していくのは得策ではありません。

これは、スモラバのメリットでもある「フォールスピードの遅さ」に原因があります。

フォールでユラユラと落ちていくのをしっかりとバスに見せつけて喰わせるのが得意なんですが、
そこに肝心のバスがいなかった場合、ゆっくりフワフワさせている時間が無駄になります。

落とした後、ズルズルピョコピョコとそのまま横にシェイクさせながら動かしていくのもスモラバの基本的な使い方なんですが、
広い場所からバスを探していかなければいけないなら、効率が悪くなってしまいます。

いっそのこと巻き物を使うとか、あるいはフォールスピードの速いネコリグやテキサスリグを使うべきです。

 

 

 

 

スモラバの選び方

これら以外にもメリットデメリットは星の数ほどあるでしょうけど、それは使い込んで感じてみてください。
次は、どんなスモラバつかうべきなのか?ということについてです。

 

シンカーの重さについて

スモラバの重さは水深によって使い分けてください。

軽いものなら0.9gぐらいからあって、重いものは5.0gぐらいまででしょうか?

たとえば、水深が1m~2mほどの場所であればスモラバのシンカーは0.9g~2.5gまでで十分事足ります。

必要最低限の、できるだけ軽いスモラバ使ったほうがいいです。

なぜなら、あまりに重いものを使ってしまうと根がかりしやすくなってしまうからです。

せっかくのスモラバのメリットを潰してしまうことになるのはもったいないですね。

ですが逆に、軽すぎると「水中で何をやっているかわからない」という状態になってしまいます。

ボトムを感知できなくて、どこにスモラバがあるかわからない。
これでは元も子もありません。

しっかりどんな風にうごかしているか、障害物の場所などを把握できるギリギリの軽さが、スモラバのベストな重さではないでしょうか。

スモラバを「初めて使うよ!」という方は、3g前後のスモラバをスピニングタックルで使ってみましょう。
慣れてきたら、もっと軽いスモラバも使ってみましょう。

最初から1g前後のスモラバを使うと、とても難しいです。

 

 

C-4ジグは「釣れるスモラバ」代表格。

 

 

水深が深い場所では、もちろんシンカーは重くするべきでしょう。

ただし、フォールスピードを速くして、ボトムだけを釣るというイメージをもっているのであれば、
そもそもネコリグなどの「ボトムを探りやすいリグ」にすべきでしょう。

スモラバはボトムでも釣れて、さらにフォール中でも釣れるからこそスモラバなのです。

 

 

トレーラーワームの選び方

小さい小魚とかエビっぽいワームならなんでもいいです。

基本的にはスモラバのラバーと同系色で、大きさはフックに適したもの。
2インチ~3インチぐらいがいいでしょう。

手持ちのワームが大きい場合は、少しハサミでカットしてもいいですよ。

あんまりワーム大きくしすぎて、スモラバのメリットが損なわれないように調整しましょう。

エビっぽいものだったり小魚っぽいものなど、トレーラーもいろいろ変えてみましょう。

トレーラーを変えることによって、シェイクした時の波動も変わりますし、バスの反応も変わるかもしれません。

現場でバスの反応を見ながら試すべきです。

シェイクに適したトレーラーもありますし、フォールの時によく震えてくれるタイプのトレーラーもあります。

これはいろいろと試すことに楽しさがあるのではないでしょうか。

でも、個人的に一番オススメするトレーラーはドライブシュリンプです。

理由はズバリ【良く釣れるから】

 

 

 

 

好きなトレーラー達。状況によって使い分けます。

 

 

 

カバー専用のスモラバ

unadjustednonraw_thumb_e46

 

世の中にはカバーゲームに特化したスモラバもあります。

シンカーの形が、単純な球体ではなく、先端に向かって尖っていることがわかるでしょうか?

さらに、ブラシガードといって、歯ブラシの毛のようなちょっと硬くて黒い毛がシンカーにくっついていて、それがフックを守っています。

この2つの特徴によって、カバーを貫通しやすく、さらにカバーがフックに絡みにくいというメリットを生み出しています。

スモラバはスピニングタックルでもベイトタックルでも扱えますが、カバーに対してはベイトフィネスタックルで使用することが主流になりつつあります。

ベイトフィネスはどちらかというと上級者向けのテクニックです。

スモラバに慣れていないうちは、スピニングタックルで扱いましょう。

もちろんカバー用スモラバであっても、あまりにも濃いカバーやブッシュには投げ入れることはできません。

そんな時はテキサスリグやバックスライド系ノーシンカーリグなどの出番です。

 

 

エグジグのBFジグはカバーにめっぽう強い。

 

 

 

 

まとめ

  1. どこでも使える万能ルアー
  2. 水流の強い場所は苦手
  3. 広大なスポットも苦手
  4. めっちゃ釣れる

ちなみにスモラバはジグヘッドフックと、シリコンラバーを合わせただけのものですから、簡単に自分で作ることができます。

ちょっと大きいルアーショップにいけばシリコンラバーはたくさん置いてありますから、好みのラバーを選んでオリジナルスモラバを作ってみましょう。

ラバーにもラウンドカット、フラット、などいろんな形の種類もありますし、ジグヘッドの形状も星の数ほどありますから、様々な性能のスモラバを作り出せるわけです。

自作すると1個当たりの値段は安いですし、なにより自作のスモラバでバスを釣るとそれだけで超うれしいですよ!
作り方もまとめて記事として書きたいと思います。

 

スモラバを自作しよう!簡単な作り方まとめ。

前回、スモラバは超万能ルアーだ!と書きましたが、弱点を発見し ...

続きを見る

 

いかかでしたでしょうか?

今回は「スモラバ」の基本をまとめてみました。

毛嫌いしていた人、食わず嫌いだった人
好きなんだけどいまひとつ釣果に結びつかない・・・

そんな方はぜひ、スモラバを試してみてください。
参考になれば幸いです。

 

 

 

 

-ソフトベイト, 初心者向け
-, , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.