バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ソフトベイト 初心者向け

スモラバを自作しよう!簡単な作り方まとめ。

更新日:

unadjustednonraw_thumb_e45
前回、スモラバは超万能ルアーだ!と書きましたが、弱点を発見しました。

買うとちょっと高いんです。
新品を買うと1個500〜600円ぐらいします。

ロストするとやっぱりかなり凹みます。。
でも自分で作れば1個60〜80円ぐらいです!

簡単に作れて、しかもめちゃくちゃ釣れます。
じゃあ自分でつくっちゃおう、ってことで自作ノウハウを全て紹介します。

スモラバとは?オススメのトレーラーや、スモラバの使い方。重さの選び方など。

スモラバ=スモールラバージグです。 トレーラー(ワーム)を付 ...

続きを見る

 

 

 

 

 

必要な道具・材料

ハサミ・プライヤー・細い針金・裁縫糸

unadjustednonraw_thumb_e24

ハサミ

ラインカッターじゃなくてハサミです。

プライヤー

100円ショップにあります。
プライヤーは1本でもできますが、2本あると針金を締め込む時に大変便利です。

裁縫糸

これも100円ショップに置いてあります。
これはジグヘッドフックに下糸を巻くためです。
下糸がないと、せっかく巻いた綺麗なラバーがバラバラになってどっかに飛んでいきます。
絶対必要です。
何色でもいいですが、あまり太い糸は選ばないでください。

細い針金。

これも100円ショップにあります。
これは最終的にラバーを絞めて固定するための大事なやつです。
かなり細いタイプのもので大丈夫です。
逆に太いとうまくいきませんが、そこはお好みで。

ジグヘッドフック・シリコンラバー

unadjustednonraw_thumb_e1e
一番大事なのはフックとラバーです。
どういったものを選べばいいのか、これは後述します。
たくさんあれば様々なバリエーションのものが作れますから、うれしいですね。
こんな感じで1つの箱に入れておくといい感じ。

 

 

バイス

unadjustednonraw_thumb_e21

 

コイツがいる、いないでは出来栄えが段違いです。
そこまで高価なものでもないので、ぜひ使うことをおすすめします。
釣具屋さんにいけば、置いてあります。

もしなければ、通販ですね。
筆者のやつは年季はいりすぎてボロボロに錆びてますが現役です。

この写真には写っていませんが、机などにガッチリ固定できるようになっています。
将来のことを考えて、しっかりした作りのものを買うことをおすすめします。

※無くてもできますが、絶対あったほうがいいです。

 

 

 

 

手順の解説

①フックを固定する

unadjustednonraw_thumb_e22

フックの針先が下を向くようにセットします。
机からバイスが動かない、バイスからフックが動かないようにしっかり固定しましょう。

適当にやると怪我しますよ。
ちなみにここでは2本のガードがついたフックを使っています。

 

 

②フックの半分に下糸を巻く

%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%a8

まず裁縫糸を30cmぐらい切ります。
もっと長くてもいいぐらいです。
ケチると失敗するので長めに切りましょう。

切った下糸をフックのヘッド側半分くらいに巻きつけます。
けっこうテキトーにグルグル巻いちゃって大丈夫です。

ブラシガードがついている今回のようなフックの場合、ガードを巻き込んでしまわないように。
スモラバ作りに必要な結び方はハーフヒッチという結び方です。

針先側からヘッド側に向かって巻いていき、ヘッドまで到着したらハーフヒッチで固定して、
②の糸を切ります。
①の糸は切らずにダラ〜んと長いままにしておいてください。

unadjustednonraw_thumb_e29

②の糸の切ると、こんな感じになります。
これで下糸はOKです。
残しておいた①の糸はあとで大活躍します。

 

 

③ラバーを選んで用意する

unadjustednonraw_thumb_e2b

どんなラバーがいいのか詳しくは後述しますが、早い話なんでもいいです。
比較用にライター置いてみました。
測ってみたら18cmぐらいでした。

切りすぎるともったいないと思うかもしれませんが、作ってる最中に長さが足りなくなるよりはよっぽどマシなので、ちょっと長めに切っておきましょう。
ちなみに、これを半分に折って使います。

筆者はラバーをたくさん巻いてフサフサなスモラバの毛を、あとから毟るのが好きなので制作段階では多めに巻きます。

unadjustednonraw_thumb_e2d

今回は茶色っぽいのと白いやつを2本分巻きますが、これだとけっこう多い感じだと思います。
お好みで減らしてください。

 

 

④下糸を使ってラバーを仮止めする

unadjustednonraw_thumb_e2f

ちょっとヘッド側に余裕をもたせながらフワッとかぶせて・・・・

unadjustednonraw_thumb_e30

さっき残して置いた下糸①をグルグルっと巻いて仮止めします。
ここで活躍してくれるわけです。
ここでもハーフヒッチでいいでしょう。

できる限りヘッドに近い位置で糸を結びましょう。
これはけっこう大事です。

このときラバーがぐちゃっとなってて気持ち悪いかもしれませんが、これで大丈夫です。
あとから修正できます。

 

 

⑤針金で絞めて留める

unadjustednonraw_thumb_e32
仮止めの糸の上から針金を使って締めます。
最初は両手をつかって丁寧に絞めていきましょう。

この時に大切なのはできる限りヘッドにギリギリまで近づけて留めることです。
針先側にズレた場所で止めてしまうと、うまくラバーがフレアしない(フワッと広がらない)原因になります。

unadjustednonraw_thumb_e34
いい感じに締まってきたら、ラストはプライヤーでしっかり捻って絞めます。
あんまりやりすぎるとラバーが切れますが、よっぽどやらない限り大丈夫なのでしっかり絞めましょう。

unadjustednonraw_thumb_e35
ここまで絞めたらもうOK!
根元をブチっと折るか切るか、してしまいましょう。
残っていた下糸も、ここまできたらもう切って大丈夫です。

 

 

⑥整えたら、完成!

unadjustednonraw_thumb_e38

ここをハサミで切ります。
この瞬間が気持ちいい。

unadjustednonraw_thumb_e37
ラバーを手で裂いていきます。
この時に毛抜きがあれば活躍します。

unadjustednonraw_thumb_e39
ハサミで長さを整えたり・・・
ここからはお好みですね。

 

unadjustednonraw_thumb_e3b
はい、完成!
ん〜ちょっとやっぱりラバーが多かったかな?

とにかく1度やってみてください、超簡単ですよ。

 

 

ラバーの選び方

なんでもいいと思います。
これはダメってのが無いです。

そもそも、筆者の場合はスモラバを安く作ることを第一優先事項にしているので、やすいラバーを選んでいます。
ただし一応、それなりにコシのあるラバーが好きです。

クタクタのラバーだとフレア(フワッと広がる)もしづらいですし、フォールスピードが早すぎたりします。
シリコンラバーには、ラウンドカットだとかギザギザカットだとか、いろいろありますから、いろいろなメーカーの商品を使って作ってみることをお勧めします!

このラバーはわりと好きですし、おすすめできます。

 

 

 

ジグヘッドフックの選び方

私はほぼこれ一択です。

とにかく安いからです笑

しかも

しっかりとしたフックキーパーも付いてますし、シャンクもゲイプも非常にバランスが取れていて好きです。

当然、ラバー同様フック選びによってそのスモラバの性能は大きく変わります。

いろいろ試してみて、「自分のなかのスタンダード」がひとつ固まると、創作意欲もどんどんわいてきますよ!

 

 

おまけテクニック

unadjustednonraw_thumb_e3e
これは釣具屋さんに置いてある浮きゴムなんですが、こんな風に細かく切ってフックに通してヘッドのほうまで押し込むと・・・

めっちゃいい感じにスカートがフレアします。

unadjustednonraw_thumb_e45
ブワッとひろがってますね。
よかったらやってみてください。
たぶん、さほど釣果の差にはならないと思います。

 

 

 

 

まとめ

  • 自作のスモラバでもちゃんと釣れる
  • 1個60〜80円ぐらいでできる
  • バイスは買った方が良い
  • いろんな種類のフックやラバーを使って作ってみよう
  • 好みがでてくれば、楽しい

初期投資(バイス・ラバー各種)はもちろん必要ですが、あとはフックさえあればたくさんガンガン作っていけます。
また、最初は難しくても慣れれば既製品ばりのクオリティにもなります。

とにかくたくさん作って、現場で使ってみましょう。
既製品の素晴らしさを改めて発見したりもできます。

あと、筆者はよく友人をオリジナルスモラバの交換をして遊びます。
なんか女子力高めですね。

中には、謎に釣れるスモラバをつくってくる奴や、奇想天外なアイデアを放り込んでくる奴もいます。
なかなかこんな遊びも楽しいですよ。
みなさまもぜひ。

スモラバとは?オススメのトレーラーや、スモラバの使い方。重さの選び方など。

スモラバ=スモールラバージグです。 トレーラー(ワーム)を付 ...

続きを見る

 

-ソフトベイト, 初心者向け
-, , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.