バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ハードプラグ 初心者向け

スピナーベイトとは?使いどころやトレーラーワーム、カラーや重さについて。

更新日:

 

見た目的に釣れる気がしない!
どこで使えばいいかわかんない!
持ってないけど買ったほうがいいの?

 

そんなスピナーベイト初心者の方のための記事です。

スピナーベイトの使い方から、

スピナーベイトの選び方までありますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

スピナーベイトとは?

 

写真のとおり、金属のワイヤーに、

シリコンラバー(毛)とフック(針)とブレード(金属片)がくっついたルアーです。

よく釣れるルアーとして昔から存在します。

 

 

バスからはどう見える?

バスからは、【小魚の群れっぽい感じ】に見えるようです。

また、ブレードがキラキラと光を放って高速移動しますので、

リアクションバイトを誘発しやすいルアーです。

つまり、ゆっくり見せて喰わせるようなタイプのルアーでは無い、ということです。

これはとても大事ですので覚えておいてください。

小魚っぽい、と書きましたが、バスが小魚を捕食していないようなフィールドでも釣れます。

これがスピナーベイトのスゴイところです。

 

 

 

 

アピール力はバツグン!

ブレードにもいろいろな形・色がある

ブレードのフラッシング(キラキラ)と、ラバーの水押しの強さがあるので、

水の中でのアピール力は非常に強いルアーです。

一般的な巻物ルアーであるクランクベイトや、バイブレーションなどと比べても、

アピール力は強いルアーです。

ビッグベイトなどを除けば、ほぼトップクラスにアピール力があるルアーだと覚えておいてください。

ですから、広範囲からバスを呼んでくるチカラがある、ということですね。

バスがいるかいないかを手っ取り早く判断するサーチベイトとして選ばれることが多いのも、

アピール力が強いことが理由です。

 

 

 

根がかりしにくい!

筆者がスピナーベイト大好きな理由、ナンバーワンはこれです。

ほぼ、根がかりしません。

理由は単純で、フックが真っすぐ1本だけだから、です。

泳がせている間は、左右どちらにもフックは露出していない。

 

真正面からスピナーベイトをみた写真がコチラ。

写真でもわかるように、泳がせている間は、フックを喰ってきた相手以外には引っ掛かりません。

フックの前方には金属のワイヤーが存在しているからです。

水草(ウィード)ボーボーエリアでもスピナーベイトなら投げれます。

 

これを例えば、「ボトムに放置した」「横に寝かせた状態で泳がせた」、

こんな場合はすぐにひっかかってしまいます。

ですから、

ボトムをズルズルひかない。

超スローに引いたりしない。

これらはとても重要です。

それでも引っ掛かった場合!

スピナーベイト全体が岩などの隙間に引っ掛かってしまったということでしょう。

ほとんどそんな理由です。がんばって回収しましょう。。

 

 

 

使い方・使いどころ

使い方

水深50cm前後を、一定のスピードで、スピーディーに巻く。

それだけです。

でも、これができないとなかなか釣れません。

一定のスピードでないといけない理由は、上記の根がかりと少し関係があります。

スピナーベイトの強みは、

「障害物を無視して、何もかも乗り越えてスピーディーに広範囲をサーチできる」

これにつきます。

ですから、いちいちキャストのたびに障害物にひっかけちゃったり、
バックラッシュを直している場合ではないんです。

スピーディーにサクっとキャストしまくってください。

 

 

 

深さ・レンジ・速さ

後述する【重さの選び方】の項目でも詳しく説明しますが、

スピナーベイトは水深50cm前後のところを引いてください。

もちろん、これよりも深いところを探る場合もありますが、

[基本は]水深50cm前後のところを同じスピードで,同じ水深を,泳がせてください。

 

スピードは、「それなりに速く」です。

上記しましたが、スピナーベイトはゆっくり見せて喰わせるルアーではありません。

むしろどちらかというとリアクションバイトを誘発させる目的ですので、

スピードがそれなりに必要です。

 

また、そのスピードがあるからこそ、サーチベイトとして

手っ取り早くフィールドをササっと流していけるのです。

 

 

 

 

いつ使えばいい?

いつでも・どんな時でもOKです。

ほんとに。

よく「風が吹いたらスピナーベイト」と言われますが、無風でもめちゃくちゃ釣れます。

 

強いて言うなら、

濁りが強く、アピール力が欲しい時でしょう。

こういう時は、サイズのデカいワームのテキサスリグを使ったりするのも手ですが、

それだと釣りの効率は悪くなってしまいます。

ササっと広範囲をサーチできる、というスピナーベイトの強みを最大限生かしましょう。

 

でも逆に、バスの付いていそうな場所がある程度絞れているなら、

むしろテキサスリグなどに軍配があがるでしょう。

 

 

 

 

【重さ】の選び方

まずは3/8ozから使ってみて、スピナーベイトに慣れていこう。

 

初めて買うなら 3/8oz

まず買うなら3/8ozを買って、使ってみましょう。

3/8ozは、だいたい10gくらいです。

ベイトタックルで投げてください。

3/8ozのスピナーベイトを水深50cmぐらいのところで泳がせるのが基本のスピードです。

 

最初の方にも書きましたが、スピナーベイトは広範囲からバスを寄せてくるチカラを持っています。

ですから、水深が1m前後のフィールドでスピナーベイトを使う場合は

3/8ozのスピナーベイトをパパっとスピーディーに巻くだけで釣れます。

それで釣れないなら、ルアーか場所を変えましょう。

 

 

 

深いところは?

じゃあ水深が1m以上あるときはどうすればいいか。

今度は1/2ozのスピナーベイトを使います。

重さを重くすることによって、スピードを落とさずに、

引いてくる水深だけ下げることができます。

 

3/8ozのスピナーベイトをゆっくり落として巻くのはNGです。

やってもいいんですが、せっかくのスピナーベイトの強みが完全に消えてしまいます。

繰り返しになりますが、

スピーディーにサーチして、リアクションバイトを誘発させるルアーであって、

ゆっくり見せて喰わせるルアーでは無いからです。

水深50cm前後を、一定のスピードで、スピーディーに巻く。

この基本をできるだけ守りましょう。

 

 

1/2ozのスピナーベイトを使う場合も、せいぜい3m水深の場所ぐらいまでです。

それ以上深い場所を探る場合は、スピナーベイトを使う理由があまりないでしょう。

フォールスピードが遅いからです。

また、スピーディーに巻くことが難しくなるからです。

 

 

ブレードのカタチ

スピナーベイトのブレードにはいろんな形がありますが、

最初はダブルウィローというタイプがおすすめです。

写真のような「葉っぱのようなカタチのブレード」が2つ付いているスピナーベイトを選びましょう。

(葉っぱブレードのことをウィローリーフブレードと言います。)

 

 

 

 

【カラー・色】の選び方

 

ラバー・ヘッドのカラー

これは、他のルアーやワームのカラーを選ぶ時と変わりません。

大切な考え方は「目立たせたいかどうか」です。

 

濁りの中でも強く目立つのは 黒系

クリアウォーターに馴染むのは  透明系

ローライト(天候悪い)時に目立つのは   チャート系

困ったら・・・ 白系 か グリパン系

 

こんな感じでいきましょう。

 

 

 

 

ブレードのカラー

左からガンメタ・ゴールド・シルバー。

 

コチラも大事です。

スピナーベイトにはブレードがあって、これの反射光はバスにかなり影響を与えます。

光量が強い場合・・・ガンメタ

濁りが強い・・・ゴールド

ローライト時・・・シルバー

こんなかんじでいいでしょう。

 

ガンメタは鈍く光るので、フラッシングを抑えたいときには活躍してくれます。

個人的には一番好きです。(なんとなく)

ゴールドはとにかくアピール力を上げたい時!

シルバーはその中間というか、まぁ無難な感じです。

最近ではカラーブレイドという、ベタっと色が塗ってあるブレードもあります。

 

商品によってもマチマチですが、ゴールドとシルバーが両方1つづつ付いた物もあります。

どうしても悩んだなら、ゴールド&シルバーもいいかもしれませんね。

 

色のタイプが違うものをいくつか買っておいて、使い分けることが望ましいですね。

いくつも買うのがキツいなら、

ラバーが白系で、ブレードはゴールド&シルバー、みたいなやつが無難です。

 

 

 

トレーラーワーム・アシストフックは必要??

トレーラーワーム

トレーラーワームを付けた状態。プルプルと尻尾が震える。


必要ありません。

写真ではOSPのドライブスティックというワームを

トレーラーワームをして装着しています。

付けた場合、

・喰わせの能力がすこし上がる

・スキッピングがしやすくなる

・根がかり軽減

・フッキングが少し悪くなる

・リトリーブが浮き上がりやすくなる

などなど、

いろいろと変わってくるんですが、

正直、誤差の範囲です。

気にしなくていいです。

 

トレーラーワームがなくても、スピナーベイトは良く釣れるルアーです。

もしワームがなにか余っているなら、付けてみてもいいでしょう。

「どう変わったのか」をご自身で体感してみてください。

 

 

 

アシストフック・トレーラーフック

 

両方とも「アシストフック」。

つけるとこんな感じ。針が2つに。

 

写真のような物がアシストフックです。

トレーラーフックとも言います。

付けるか付けないかは、状況判断してください。

いらない時はほんとに要らない!ジャマになりますし、

必要なときは「付けててよかった~~~!!」ってなります。

 

バイトはあるけどフッキングが決まらない、ノらない。

なら、アシストフックがあってもいいかもしれません。

 

でも障害物が多い場所や、根がかりの危険性が高いところではアシストフックはNGです。

ほんとにすぐ引っ掛かってしまいます。

アシストフックは左右にグラグラ揺れるからです。

 

まぁひとつぐらいは、カバンのなかに持っておいてもいいかもしれません。

これがおすすめ。大きさは 1/0 が無難で、汎用性もあります。

 

 

 

デメリットは?

スポットが荒れてしまう可能性があります。

つまり、アピール力が強すぎて、臆病になっているバスがびっくりして逃げちゃうかも

ということです。

こればっかりは実際にスピナーベイトを投げてみない限り判断できないことなので、

あんまり気にしなくてもいいでしょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

スピナーベイトに慣れている方には退屈だったかもしれませんが、

これを見て、スピナーベイトを使ってみようかな、ってなってもらえれば幸いです。

よく釣れるルアーですし、根がかりもすくないので

わりと初心者にも馴染みやすいルアーじゃないかな、と思います。

ぜひ、1匹スピナーベイトで釣れるまで、頑張って投げ続けてみてください。

 

 

 

-ハードプラグ, 初心者向け
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.