バス釣りは難しくない!初~中級者向けのお役立ち情報やコツ・考察。

ソフトベイト 初心者向け

スイムベイトとは?長所や短所、使いどころなど。

更新日:

img_0566-min
昨年ゲーリーのハートテールが絶好調で釣れすぎて、めちゃめちゃハマってしまったスイムベイト。

ハマっているときは釣果に関わらず使うんですが、いまひとつ出しどころがわからないルアーだとも思ってました。

あらためてスイムベイトの使い方やメリットデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

スイムベイトとは

ワーム素材でできた、お魚系シルエットのルアーです。

そのなかでも、基本的には「ただゆっくり巻いて泳がせるだけ」のモノを指します。

ですから、使いかたはめちゃくちゃ簡単です。

投げて着水させて、ゆっくり泳がせてくるだけです。

泳がせてくる水深はもちろん狙っている水深によって違うわけですが、

基本的には水面から30cm以内ぐらいをゆっくり泳がせます。

どうしてもボトム付近をスイムベイトで探りたいなら、シンカーをつけるなりの工夫をしてみましょう。

 

シルエットを見せて、追わせて、食わせるルアーです。

 

 

 

 

 

スイムベイトの長所・短所

○喰わせやすい

ワーム素材であることと、その動きの質からルアーであることが非常に見切られにくいルアーであると言えます。

なまめかしいクネりや細かい振動などは、なかなかハードプラグには出せない動きです。

経験上、「コン・・コン・・ココっ・・」と前アタリがあった後、本気で「ゴツン!」とまる飲みにしてくるバイトが多いです。

プレッシャーをかけづらいので、連投するのもアリでしょう。

もちろん状況によりますが、ビッグベイトを通すほどのインパクトはありません。

 

 

 

 

○引っかかりにくい

img_0571-min
この写真のように、オフセットタイプのフックでノーシンカーリグにした場合の話です。

ほとんど何にも引っかからずスルスル泳ぎます。

形状はほとんどの場合アユやハスなどをイミテートした線形ですし、さらに針先が外に出ていないとなればほぼ根がかりなどで引っかかる要素がありません。

ただしトレブルフックやダブルフックが搭載されているスイムベイトも主流です。

このタイプのスイムベイトをカバーの中に打ち込んだり、ボトムコンタクトさせまくったりすると、さすがに引っかかります。

フックを隠せば根がかりやカバーに対して強くなりますが、フッキングも悪くなります

 

 

 

 

○カスタマイズの幅が広い

ネイルシンカーを入れてレンジを下げたり、カスタマイズの幅が広いのもワーム素材だからこそ!

水面~表層であればノーシンカー。

中層はネイルシンカーを入れたり、ウェイテッドフックにしてみる。

ディープはスイムジグのトレーラーにしたり、カバーにはテキサスリグとして。

リグに自由度がありすぎるのも魅力です。

どのリグもほんとによく釣れます。

ハートテールは、いろんなリグに対応できるヤツ筆頭。

ハートテールは、いろんなリグに対応できるヤツ筆頭。

 

ジャッカルのアンモナイトもめちゃくちゃ釣れるのでオススメです。

 

 

 

 

 

×フッキングミスをしやすい

針が隠れているわけですから(そうでないスイムベイトは別)、当然フッキングは難しいです。

筆者はもうかれこれ何百とバイトはとっていて慣れているつもりですが、それでもまだ難しいと感じます。

ルアー自体が比較的大きいことも原因のひとつでしょうか。

しっぽの方だけを甘噛みしてくることももありますし、頭から強引に吸い込んでくることもあります。

カバーが薄かったり、根がかりがなさそうな場所なら、アシストフックを付けたりしましょう。

時期にもよりますが、ショートバイト対策をするのはアリだと思います。

PEラインの輪っかをトレブルフックに結んだだけのものでも、アシストフックになります。

困ったらいくつか作っておきましょう。

 

 

 

 

×「対プレッシャー」に弱い

個人的には、極度のプレッシャーに弱いと、思っています。

メリットのところで『喰わせやすい』とか書いたんですが、「なにを見ても無視」状態のバスを釣るのはそんなに簡単ではありません。

どれだけ小さいワームであろうが、クチを使ってくれないサイトフィッシュになると

①あきらめる
②リアクションバイトを狙う

アングラーはこれのどちらかを選ばざるをえません。

①はマジで正解だと思います。
②は単純に諦めがつかなかった場合に選ぶ選択肢なわけですが、スイムベイトではリアクションバイトをとりづらいです。

カバークランキングなどのイレギュラーアクションや、スピナーベイトのブレードフラッシングなどがスレきったバスのスイッチをいれる瞬間はありますが、
スイムベイトはこのスイッチを押す力があるとは言いにくいルアーです。

 

 

 

 

×アピール力は「それなり」

アピール力がさほど大きくないことです。
当然、物によります。

はたしてそれは弱点なのか?と言われると、そうでもないような気もするのですが、マッディーウォーターなどでは若干バスから気付かれにくい面もあります。

また、トレブルフックやダブルフックが最初からセッティングされていないモデルではない、すなわちハートテールとかスイングインパクトとかの類は、どうしてもフッキングが失敗しやすくなります。

オフセットフックや、スクリュータイプのフックを使うからです。
根がかりしづらいんですから、これも当たり前ですね。

ただし、コツさえわかればできるようになります!
前アタリの時にガマンする!これにつきます。

そして、結局大事なのはタックルバランスでしょう!

 

 

 

 

スイムベイトに適したロッドとは。

まぁリールはなんでもいいと思います。
ローギアが巻きやすいと感じる人や、8ぐらいないと、ってゆう人もいると思いますから。

問題はロッドの硬さです。
私は7'1fのMH(ミディアムヘビークラス)のロッドをよく使っています。

M(ミディアム)クラスでは若干パワーが足りない気がします。

バイトはガッツリ系が多いんですが、放置系ワームと違ってクチに吸い込んでから、バスが反転して持っていったりしない気がします。

追いかけてきて、噛んで、噛んで、噛んで、吸い込む!みたいな感じでしょうか?

最後に「グーっ」と重さがのってからアワセます。

その際、ある程度のパワーがほしいのでH(ヘビー)くらいのロッドでもいい気がするのですが、あんまり硬すぎると、投げるスイムベイトによってはテールの動き(ブルブル)が伝わってこないので単純に操作が難しくなってしまいます。。

とはいえ、7インチクラスのダンクルみたいな大きいスイムベイトだと、EXH(エクストラヘビー)ぐらいほしいです。

私は、ダンクルを投げるときはジョイクロをやるときのEXHロッドでやっています。

投げるモノによって硬さを変えれると一番いいですね!

でもMHという硬さは、ひとつ基準にしていいとおもいます。

ダンクルは7インチ2ozなのでまぁまぁデカい。ビッグベイトタックルだと安心。

ダンクルは7インチ2ozなのでまぁまぁデカい。ビッグベイトタックルだと安心。

 

ちなみにこのダンクル、めっちゃ釣れます。

インパクトがほしい時にはオススメ。

カスタマイズの幅も多彩ですので、どんなフィールドでも投げれますよ。

 

 

ダンクルのインプレ。アシストフックや背針チューニングについて。

  ジャッカルの秦拓馬プロが開発したスイムベイト、 ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

実際、スイムベイトはいわゆる「サーチベイト」になりえます。

個人的見解ですが、サーチベイトは、バイトがとれてナンボだと思います。

スイムベイトはバイトもしっかりとれますし、表層近くを泳がせていれば、水質にもよりますが、バスのチェイスを視認できることも多いです。

しかし、実際に投げ込んでいくとわかるのですがバイトがあっても浅い。

深い!と思っても、すっぽ抜けすることが多いです笑

でも、スイムベイトだからこそパンパン手返し良く次のエリアへと狙いを変えていけますよね!

時間を変えて入りなおすのもアリですし。

とにかく信じて連投連投、ではないでしょうか。

プレッシャーをかけにくく、スレにくいルアーでありなおかつチェイスをたくさん見れるわけですから。

結論、いろんな使い方ができる、「使いどころばっかりな」ルアーです。

 

 

 

-ソフトベイト, 初心者向け
-, , , ,

Copyright© バス釣りのコツコツまとめ , 2019 AllRights Reserved.